IPO サイバーセキュリティクラウド(4493)当選したら今年残り全てが落選でも良いのだが。

女性が祈りを捧げる

上場日銘柄公募(円)初値(円)予想当落
記事
2/7コーユーレンティア(7081)1,8902,510C落選
2/7ジモティー(7082)1,0002,300B大和補欠➡落選
2/20ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)95,000101,000D落選
2/25AHCグループ(7083)2,2003,550Cみずほ当選
3/2カーブスホールディングス(7085)750670C落選
3/4Kids Smile Holdings(7084)2,2602,732B落選
3/6きずなホールディングス(7086)2,3202,220C落選
3/6ウイルテック
(7087)
1,2001,200DSMBC当選
3/9フォーラムエンジニアリング(7088)1,3101,030Dみずほ当選
3/10ビザスク(4490)1,5001,310C東海補欠➡落選
3/11コンピューターマネジメント(4491)2,7504,360C落選
3/13フォースタートアップス(7089)1,7701,628B落選
3/13木村工機(6231)2,4002,050C落選
3/13リグア(7090)1,9501,910C落選
3/16ミクリード(7687)890818Cみずほ補欠➡落選
3/17ミアヘルサ(7688)2,3301,748D落選
3/17リビングプラットフォーム(7091)3,9003,350D落選
3/17ドラフト(5070)1,5801,221C落選
3/19ゼネティック(4492)1,7001,620B落選
3/19関通(9326)4901,032C落選
3/19日本インシュレーション(5368)940869C大和補欠➡辞退
3/24リバーホールディングス(5690)960720Dみずほ当選➡辞退
3/25ヴィス(5071)820754D大和補欠→辞退
3/26アディッシュ(7093)1,2302,101B落選
3/26サイバーセキュリティクラウド(4493)4,5009,210S落選
3/30NexTone(7094)1,7001,660B落選
3/30ニッソウ(1444)3,7502,800C落選
3/31Macbee Planet(7095)1,8302,348CSBI補欠→辞退
4/6松屋アールアンドディ(7317)910838Dみずほ補欠⇒辞退
6/24コパ・コーポレーション(7689)2,0004,530B落選
6/24ロコガイド(4497)2,0004,605CみずほSBI補欠➡落選
6/24フィーチャ(4052)5204,710B落選
6/26コマースOneホールディングス(4496)1,6006,970B落選
6/29エブレン(6599)1,3505,000C落選
6/30グッドパッチ(7351)6902,757C落選
7/7Branding Engineer(7352)4902,920BSBI補欠⇒落選
7/10Speee(4499)2,8805,150C落選
7/15アイキューブドシステムズ(4495)3,120A落選
7/15GMOフィナンシャルゲート(4051)2,540B落選
7/15KIYOラーニング(7353)2,300B落選
7/31日本情報クリエイト(4054)C
7/31Sun Asterisk(4053)C
8/3モダリス(4883)D
8/7ティアンドエス(4055)A

2020年26回目参加のIPO。サイバーセキュリティクラウド(4493)抽選結果。

公開株数極小。新型コロナショックの暴落に巻き込まれIPO7連続公募割れ。でも今回は公募割れ懸念は無い、どころか当選したら爆益必死の神IPO。当落結果のご報告です。

スポンサーリンク

サイバーセキュリティクラウドとIPO

サイバーセキュリティクラウドはAI技術を活用したWebセキュリティサービスの開発・
サブスクリプション提供、サイバー攻撃の研究及びリサーチ、AI技術の研究開発を展開する企業です。

3月26日東証マザーズに上場します。公募価格は4,500円。

3月17日に上場したミアヘルサ(7688)、リビングプラットフォーム(7091)、ドラフト(5070)、いずれも引き受け価格でも寄り付かない壮絶な公募割れでした。これでIPOは7連続公募割れ。悲惨な状況です。

しかし今回のサイバーセキュリティクラウドは公開株数は極小、IPO的にも人気のAI系、しかも需要が高まっているサイバーセキュリティを手掛ける企業。当選すれば初値売りで50~100万円程度の利益が見込める、文句なしの『Sランク』IPOです。

5証券16口座から全力申込み

このIPOが当選できれば、今年残りの全てのIPOで落選しても良いと思えるレベルです。

当選の可能性は限りなく低いですが、5証券16口座から全力申込みしました。

きっとIPO投資家全ての方が全力申込みしていることでしょう。

結果を確認していきます。

スポンサーリンク

楽天証券

楽天証券申込み済

自分、妻、長男、長女4口座よりBB申込み済。

後期抽選型の楽天証券。割り当てられた株全てをネット抽選してくれ、かつ申込上限を100株としてくれているため実質完全平等抽選。今回のIPOでは主幹事のSBI証券に次いで当選期待が高い証券会社です。

とは言っても予想当選本数7本なんですけどね…。

資金拘束45万円はキツイですが、奇跡を祈って4口座から購入申込み予定です。

SMBC日興証券

SMBC日興証券落選

自分、妻2口座より申込み、補欠という名の落選。

SMBC日興証券に割り当てられた株数はわずか700株。ネット抽選での当選本数は1本あるか無いかです。当然の落選。

みずほ証券

みずほ証券落選

自分、妻2口座より申込み、落選。

地雷IPOも含め、2018年末以降5回当選している相性抜群のみずほ証券。しかしさすがに今回は厳しく落選です。

大和証券

大和証券落選

自分、妻、長男、長女4口座より申込み、落選。

私の中で最も当選期待の高い大和証券。しかし副幹事とはいえネットでの予想当選本数は6本しかありません。奇跡起きずです。

SBI証券(主幹事)

ここまでカスリもしません。が当たり前。

主幹事とはいえ公開株数の少ない今回のIPO。4口座合計で200万円程度の資金では望み薄ですが、結果を確認します。

SBI証券落選

自分、妻、長男、長女4口座より申込み、落選。

分かっていたことですが、奇跡は起きませんでした!

スポンサーリンク

所見

サイバーセキュリティクラウド(4493)のIPO。

奇跡を願って5証券16口座から全力申込みしましたが、楽天証券結果待ちを除き全て落選となりました。

久しぶりに公募割れ懸念が無い、どころか爆益必死のIPOでしたが、甘くないですね。

当選された方はうらやましい限りです。爆益を祈念致します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ポイントサイトのポイントインカムライフメディアへ無料登録
IPO 2020年IPO結果
はないっくんをフォローする
サラリーマンがお小遣い稼ぎをやってみる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました