IPO きずなホーディングス(7086)当選目指して地合い無視で全力申込みした抽選結果。

株価を気にする投資家
上場日銘柄公募(円)初値(円)予想当落
記事
2/7コーユーレンティア(7081)1,8902,510C落選
2/7ジモティー(7082)1,0002,300B大和補欠➡落選
2/20ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)95,000101,000D落選
2/25AHCグループ(7083)2,2003,550Cみずほ当選
3/2カーブスホールディングス(7085)750670C落選
3/4Kids Smile Holdings(7084)2,2602,732B落選
3/6きずなホールディングス(7086)2,3202,220C落選
3/6ウイルテック
(7087)
1,2001,200DSMBC当選
3/9フォーラムエンジニアリング(7088)1,3101,030Dみずほ当選
3/10ビザスク(4490)1,5001,310C東海補欠➡落選
3/11コンピューターマネジメント(4491)2,7504,360C落選
3/13フォースタートアップス(7089)1,7701,628B落選
3/13木村工機(6231)2,4002,050C落選
3/13リグア(7090)1,9501,910C落選
3/16ミクリード(7687)890818Cみずほ補欠➡落選
3/17ミアヘルサ(7688)2,3301,748D落選
3/17リビングプラットフォーム(7091)3,9003,350D落選
3/17ドラフト(5070)1,5801,221C落選
3/19ゼネティック(4492)1,7001,620B落選
3/19関通(9326)4901,032C落選
3/19日本インシュレーション(5368)940869C大和補欠➡辞退
3/24リバーホールディングス(5690)960720Dみずほ当選➡辞退
3/25ヴィス(5071)820754D大和補欠→辞退
3/26アディッシュ(7093)1,2302,101B落選
3/26サイバーセキュリティクラウド(4493)4,5009,210S落選
3/30NexTone(7094)1,7001,660B落選
3/30ニッソウ(1444)3,7502,800C落選
3/31Macbee Planet(7095)1,8302,348CSBI補欠→辞退
4/6松屋アールアンドディ(7317)910838Dみずほ補欠⇒辞退
6/24コパ・コーポレーション(7689)2,0004,530B落選
6/24ロコガイド(4497)2,0004,605CみずほSBI補欠➡落選
6/24フィーチャ(4052)5204,710B落選
6/26コマースOneホールディングス(4496)1,6006,970B落選
6/29エブレン(6599)1,3505,000C落選
6/30グッドパッチ(7351)6902,757C落選
7/7Branding Engineer(7352)4902,920BSBI補欠⇒落選
7/10Speee(4499)2,8805,150C落選
7/15アイキューブドシステムズ(4495)3,120A落選
7/15GMOフィナンシャルゲート(4051)2,540B落選
7/15KIYOラーニング(7353)2,300B落選
7/31日本情報クリエイト(4054)C
7/31Sun Asterisk(4053)C
8/3モダリス(4883)D
8/7ティアンドエス(4055)A

2020年7回目参加のIPO。

きずなホールディングス(7086)抽選結果。通常時は非常に当選のハードルが高い野村證券が主幹事のIPO。悲惨な地合いだからこそ、いつもよりも当選期待は高いのでは…?半分運試しで7証券20口座より全力申込した当落結果のご報告です。

スポンサーリンク

きずなホールディングスとIPO

きずなホールディングスは葬儀葬祭にかかわる一切の業務を事業とする企業です。

3月6日に東証マザーズに上場。公募価格は2,320円。

葬儀市場は今後も拡大していくと目されていますが、なんせコロナショックにより世界的に多くの株式市場が大暴落中です。暴落前の事前予想では公募価格近辺~微益とされていた弱めの「Cランク」IPOと目されていましたが、予想が難しいIPOです。

スポンサーリンク

7証券20口座より全力申込み

ローリスクハイリターンであるべきがIPO投資とするならば、公募割れリスクもある今回のIPOに全力申込みは控えるべきだったのかもしれません。

しかし私個人的に「このようなシチュエーションでなら、主幹事の野村證券で当選できるのでは?」という興味がありました。

要は「野村證券様はこんなときじゃないとカスリもしないのでチャンスかも」と思ったわけです!

7証券20口座より全力申込みをしました。

期待値の低い順に結果を確認していきます。

DMM.com証券

DMM.com証券落選

自分、妻2口座より申込み、落選。

今回もDMM.com証券自体に配分が無かったと思いますが、落選です。

いちよし証券

いちよし証券申込

自分、妻2口座より申込み、電話ならず。

当選者にのみ電話連絡があるシステムのいちよし証券。本日電話鳴らず。明日27日に電話が鳴る可能性はありますが、厳しいでしょう。

楽天証券

楽天証券抽選申込み

自分、妻、長男、長女4口座よりBB参加済。

後期抽選型の楽天証券。引き受けた株の100%をネット抽選に配分してくれるため、実は平幹事の中ではマネックス証券と同じく当選期待の高い証券会社です。

27日から4口座とも購入申込み予定です。

みずほ証券

みずほ証券抽選申込み済

自分、妻2口座より抽選申込み済。

今年当選第1号はみずほ証券のAHCグループ。手堅く初値売りで135,000円(税引前)のお小遣いとなりました。

抽選結果は27日早朝に判明します。相性が良いみずほ証券ですが、ネットでの予想抽選本数は87本とされています。さすがに当選は厳しいと思いますが少々期待し結果を待ちます。

SBI証券

SBI証券落選

自分、妻、長男、長女4口座より申込み、落選。

お金持ち有利ルールのSBI証券。今回資金は4口座合計で200万円程度で抽選申込みしています。この程度の資金では補欠にひっかかるのも困難です。

SBI証券はIPOチャレンジポイントのために参加を続けています。家族4人分のIPOチャレンジポイントがゲットできたのでSBI証券は落選でOK。

SBI証券様、お願いですからあと5~10年はIPOチャレンジポイント制度を続けて下さい!

マネックス証券

マネックス証券落選

自分、妻、長男、長女4口座より申込み、落選。

引受けた株の100%をネットで完全平等抽選してくれるマネックス証券様。ほとんどのIPOで平幹事の中ではもっとも当選期待の高い証券会社となります。

未成年口座からでもネットで抽選申込みができるマネックス証券。家族4口座の物量作戦が使えることもあり、今回のIPOでも実は主幹事の野村證券よりも当選期待は高いと思っていたのですが、補欠にひっかかることもなく落選です。残念。

野村證券(主幹事)

マネックス証券でかすりもしなかった時点で私のテンションはダダ落ちなのですが。

他の大手証券会社と比較しても主幹事時の当選期待は非常に低い(と私が思っている)野村證券。

しかしそうはいっても主幹事です。

ちょっとだけ期待し結果を確認します。

野村證券落選

自分、妻2口座より申込み、落選。

やっぱりカスリもしねえ!野村證券様。

スポンサーリンク

所見

25日ダウ大暴落&日経大暴落という最悪なタイミングで抽選申込みが締め切られた今回のIPO。

決して前評判が高いわけでもなかったので「このタイミングではあわよくば野村證券様から当選が頂けるのでは!?」と公募割れ覚悟で全力申込みしたのですが、(一部結果待ち除き)カスリもせず全て落選という結果となりました。

他に投資先もないためIPO抽選申込みが集中したのか?いや、そもそも落選が当たり前のIPO。こんなもんっちゃこんなもんですね

これで2020年のIPOは7回参加し当選1という結果となりました。やっぱり当選しにくいIPOですが引き続き参加を楽しみます。

当選された方の爆益を祈念致します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ポイントサイトのポイントインカムライフメディアへ無料登録
IPO 2020年IPO結果
はないっくんをフォローする
サラリーマンがお小遣い稼ぎをやってみる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました