三菱UFJモルガンスタンレー証券でIPO申込の優先順位は高い ルールと当選実績

投資初心者

2018年末からIPO投資にチャレンジする初心者の私。

三菱UFJモルガンスタンレー証券は大和、マネックス、SMBC、SBI、みずほと比較すると期待値の低い証券会社とされていますが、口座開設して初めて主幹事を務めたIPOでいきなり当選しました。優先順位の高い証券会社です。

<2018年7月~2020年9月時点でのIPO当選回数>

抽選ルール
当選事例ご紹介
当選補欠当選
大和証券
みずほ証券11
SMBC日興証券-
SBI証券
マネックス証券
三菱UFJモルガンスタンレー証券
auカブコム証券
エイチエス証券
野村證券
東京東海証券
楽天証券
松井証券
スポンサーリンク

優先順位が低く評価されていないか

2018年末からネット証券でIPO投資にチャレンジを始めた私の当選実績(ほとんど全て当選したソフトバンク除く)。

抽選ルール
当選事例ご紹介
当選補欠当選
大和証券
みずほ証券11
SMBC日興証券-
SBI証券
マネックス証券
三菱UFJモルガンスタンレー証券
auカブコム証券
エイチエス証券
野村證券
東京東海証券
楽天証券
松井証券

三菱UFJモルガンスタンレー証券は当選1回。取り立てて多い数字ではありません。

口座開設は2019年10月

三菱UFJモルガンスタンレー証券口座開設通知書

私の三菱UFJモルガンスタンレー証券の口座開設通知書です。オンライントレード・テレフォントレードと書いてありますが、こちらがネット取引口座です。

日付は2019年10月11日。2018年末からIPO投資を楽しんでいる私ですが、三菱UFJモルガンスタンレー証券については口座開設をしたのはほんの4か月前です。

これは初心者の私がIPO投資を始める当初情報を収集した際に、三菱UFJモルガンスタンレー証券の優先順位は高くないと間違った判断をしたためです。

ネットで情報を集めた際に0円申込みができる他の証券会社の方が魅力的に思えてしまいました。

でも初心者ながら1年近くIPOにチャレンジするなかで、本気でIPOに取り組むならどう考えてもMUSTと考え、遅ればせながら口座開設しました。

初めての主幹事で当選した

私が口座開設をして以降で初めてが主幹事を務めたIPOでいきなり当選しました。

12月12日上場のメドレー(4480)です。自分口座当選、嫁様口座次点(落選)。

三菱UFJモルガンスタンレー証券でメドレー当選

三菱UFJモルガンスタンレー証券メドレー落選

ちなみにこのIPOで共同主幹事を務めた大和証券では当選✖2、みずほ証券は補欠当選✖1(繰り上がらず)でした。

大和証券メドレー当選

みずほ証券メドレー補欠

このメドレーは公募価格1,300円に対し初値1,270円。計9,000円の損を出しました。

申込んだ多くの人が当選し公募割れした『大型じゃぶじゃぶIPO』だったわけです。

ただ、公募近辺の『びみょーIPO』だったのは間違いありませんが、大きく公募割れする『地雷IPO』だったわけではありません。紙一重。

IPOは当選する機会=抽選機会を得ないと始まりません。

お宝IPO抽選に参加する機会を得るために、三菱UFJモルガンスタンレー証券は大和、マネックス、SBI、SMBC、みずほに次いで優先順位の高い証券会社だと思っています。

スポンサーリンク

三菱UFJモルガンスタンレー証券のIPO実績、口座数

株チャートを見つめるサラリーマン

三菱UFJモルガンスタンレー証券のIPO実績を見ていきます。

IPO取扱数

2019年IPO取扱数TOP10社

2019年IPO取扱数TOP10

1位.SBI証券(82社)

2位.SMBC日興証券(61社)

3位.みずほ証券(54社)

4位.マネックス証券(45社)

5位.大和証券(43社)

6位.岡三オンライン証券(37社)

7位.岩井コスモ証券(36社)

8位.野村証券(35社)

9位.いちよし証券(33社)

10位.楽天証券(26社)

10位.三菱UFJモルガンスタンレー証券(26社)

2019年のIPO取扱数は26社で10位。大手証券会社と比較すると少し物足りない数です。

直近5年の年別IPO取扱実績数

20152016201720182019
取扱数2724312730
主幹事数52465

直近5年のIPO取扱数は年間20~30社。常にIPO全体の3割前後のIPOを取り扱っています。

2019年IPO主幹事実績上位順

証券会社大和証券SMBC日興証券野村証券みずほ証券SBI証券三菱UFJモルガンスタンレー証券
取扱数436135548226
主幹事数2120171375

三菱UFJモルガンスタンレー証券が2019年に務めた主幹事数は5社で第6位。

TOPクラスとはいえませんが、IPO取扱数、主幹事数ともに毎年安定した数字です。

IPOは主幹事からの当選が最も期待できる(マネックスは例外)ため、主幹事を務める三菱UFJモルガンスタンレー証券からの抽選申込みは重要になります。

口座開設数

公表されていません。

三菱UFJモルガンスタンレー証券は口座開設の広告に積極的ではありません。もっと言うとIPOのサイト運営者の広告収入とならないため、サイト運営者も三菱UFJモルガンスタンレー証券の口座開設を積極的に推奨しません。

そのためかは分かりませんが、口座数は大手証券会社の中では少ないとされています。

口座数が多くない=IPO抽選のライバルが少ないということで、我々にとってはメリットです

スポンサーリンク

IPO抽選の配分、ルール、仕組み

配分抽選方法同一資金未成年口座
10%
ネット配分
完全平等抽選同一資金
重複申込不可
口座開設は可能
店頭取引のみ

引受けた株の10%をネット配分

三菱UFJモルガンスタンレー証券は引受けた株の90%を裁量配分、10%をネット抽選配分します。

この10%をネット抽選配分というのは一般的な比率です。

多くも少なくも無い配分率ですが大和やSMBCと比べると少し少ないです。

完全平等抽選

ネット抽選に配分された10%分の当選株の抽選ルールについて。

三菱UFJモルガンスタンレー証券のIPO抽選ルールは『完全平等抽選』です。

口座の残高、過去の取引実績、当選回数などは一切加味されない機械的な抽選なので、億万長者も庶民も完全に平等です。

お金持ちも私のような庶民IPO愛好家でも平等に戦える完全平等抽選!

なお申込株数の上限は最低単元(100株)です。複数単元の当選はありません。

ここがちょっときつい!同一資金重複申込不可

IPOラッシュの際は同じ時期に複数のIPOが重なります。

複数のIPO抽選に申し込む際、それぞれのIPO銘柄の必要な資金の合計額が証券口座に必要な証券会社と、同一の資金で複数のIPOに抽選申し込みができる証券会社があります。

三菱UFJモルガンスタンレー証券は同一資金重複申込不可の証券会社です。

同一資金重複申込不可

三菱UFJモルガンスタンレーで複数のIPOに申込む場合
会社A(必要資金10万)
会社B(必要資金15万)
会社C(必要資金20万)
必要資金はそれぞれ必要(計45万必要)

私のように限られた資金のIPO愛好家には、IPOラッシュの際この同一資金重複申込不可というのは非常に重くのしかかってきます。

マネックス証券やSMBC日興証券と同じ同一資金重複申込み不可。この3社が重なるIPOで三菱が平幹事のときは資金が足りなくて三菱からの申込みを諦めたことがありました。

平幹事の三菱は配分10%と当選期待は薄いため主幹事でなければスルーもアリだと思います。

資金拘束は抽選申込時

三菱UFJモルガンスタンレー証券ではIPO抽選申込時に購入可能額の入金が必要です。

資金拘束も抽選申込と同日に拘束されます。抽選が行われ次点(実質落選)となったとき、もしくは当選後に購入辞退をしたときに開放されます。

未成年口座は…?

三菱UFJモルガンスタンレー証券で未成年口座を開設することは可能です。

ただしインターネットから未成年口座開設の申込み、取引はできません。本店・支店に出向く必要があり、未成年口座開設の可否もそこで判断されます。

同一資金重複申込不可のため自分口座、妻口座の2口座からでもカツカツな私。未成年口座を作っても投じる資金がないため、未成年口座は開設していません。

スポンサーリンク

デメリット・注意点

次点は実質『落選』

三菱UFJモルガンスタンレー証券では、当選しなければ全て次点となります。

次点の中から繰上げ当選を目指し購入申込をすることは可能です。ただし『当選』『補欠当選』『落選』に振り分ける証券会社が多い中、三菱UFJモルガンスタンレー証券は当選しない人を全て次点に振り分けるため、繰上げ当選の期待は低く、実質的な落選ととらえて良いです。

当選キャンセルにペナルティーがあるため、当選辞退者が続出するとも考えにくいです。主幹事のとき以外は購入申込みはパスで良いと思います。

当選辞退にペナルティーあり

三菱UFJモルガンスタンレー証券では当選後購入申込辞退(購入申込忘れ含む)にペナルティーがあります。

キャンセルのペナルティ
  • 辞退後1か月間のIPO抽選申込み不可
  • 辞退時IPO抽選申込み済銘柄の取り消し

IPOラッシュ時の1か月間IPO抽選に申込できなくなるというのは痛恨です。またそもそも1か月間のペナルティ期間経過後、本当に再び当選するようになるのだろうかという不安もあります。

三菱UFJモルガンスタンレー証券では当選したら必ず購入するという前提で抽選申込みする方が無難です。

三菱UFJ銀行の口座を持っていなければ入金がちょっと面倒くさい

これは私が勝手に思っていることですが…。

三菱UFJモルガンスタンレー証券の口座開設の際、同時に専用振込口座が設定されます。そこに入金するわけですが、入金の際に振込手数料が必要です。

そのあとで入金の際にかかった手数料を三菱UFJモルガンスタンレー証券に連絡すると手数料分が還してもらえるので『手数料無料』なのですが、ちょっと面倒くさい。

手数料無料の口座振替サービス「カンタン振替」を使えるのは三菱UFJ銀行口座だけです。

面倒くさがる自分が悪いだけですが。なので私はある程度の金額を証券口座に入れ、あとはその枠内のみでやりくりしています。

出金は三菱以外でもネット口座画面で完結できます。もちろんこちらも手数料無料です。

スポンサーリンク

まとめ

三菱UFJモルガンスタンレー証券のIPOの特徴を簡潔にまとめます。

  • IPO取扱数、主幹事数ともに安定して取り扱う
  • 引受けた株の10%をネット抽選に配分
  • 抽選は完全平等抽選
  • 同一資金重複申込不可のため銘柄ごとに資金が必要
  • 当選後購入辞退でペナルティーあり
  • 『次点』は実質的に落選
  • 同一資金重複申込不可のため銘柄ごとに資金が必要
  • 当選後購入辞退でペナルティーあり

結局のところIPOは当選期待の最も高い主幹事から抽選申込みしなければ、よほどの幸運がおとずれないと当選しません。私は最初に「三菱は不要」と誤った判断をしたため無為に主幹事のIPOをスルーしてしまいました。

本気でIPO投資に取り組むなら、三菱UFJモルガンスタンレー証券はぜひとも最初に口座開設しておきたい証券会社です。

遅ればせながら私も2019年10月に自分、嫁様口座2口座を開設しました。これからIPO投資を始める方は、当選期待値が高い三菱UFJモルガンスタンレー証券の口座開設をし、パートナーがいらっしゃる方はその口座も開設してIPOにチャレンジされるのをおすすめ致します。

三菱モルガンスタンレー証券はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日常のお買い物やサービス利用でポイントサイトを活用しコツコツ還元を受け節約し、もらったポイントで投資!
私が長年愛用のおすすめポイントサイト
 【ポイントインカム】 ポイントサイトのポイントインカム
【ハピタス】 その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
 【ライフメディア】 ライフメディアへ無料登録
【すぐたま】 すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!
IPO 証券会社
はないっくんをフォローする
サラリーマンがお小遣い稼ぎをやってみる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました