2020年全IPO抽選結果(当選・落選)収益まとめ(画像付)

株チャートを見つめるサラリーマン

2020年に自分が参加したIPOの結果(当選・落選)をまとめたページです。

2019年からIPOを始めた投資初心者(2018年夏に生まれて初めて株取引をした素人中年サラリーマン)の私が、限られた資金でネット証券のみでIPOに申込をし、どのくらいIPOに当選したか、収益はどのくらいになったかを備忘録として残していきます。

はないっくん
はないっくん

少ない資金が元手の方がIPO投資にチャレンジすればどれくらい当選し、どのくらいの利益になるのか。IPO資金が数百万円程度の私と同じレベルの資金力の方のご参考になれば幸いです!

嫁様
嫁様

各IPOの当落記事にどの証券会社から抽選申込し当選・補欠当選・落選したか詳しく書いています!

なお私の場合、当選した株を

  1. 初値売りする場合
  2. 多少持ち越してさらに利益を生む場合
  3. 多少持ち越して初値売りより損をする場合

がありますので、ここでは『IPOで当選した株を実際に初めて売却した価格』での損益を収益として記します。

スポンサーリンク

2020年IPO抽選結果まとめ

上場日銘柄公募(円)初値(円)予想当落
記事
2/7コーユーレンティア(7081)1,8902,510C落選
2/7ジモティー(7082)1,0002,300B大和補欠➡落選
2/20ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)95,000101,000D落選
2/25AHCグループ(7083)2,2003,550Cみずほ当選
3/2カーブスホールディングス(7085)750670C落選
3/4Kids Smile Holdings(7084)2,2602,732B落選
3/6きずなホールディングス(7086)2,3202,220C落選
3/6ウイルテック
(7087)
1,2001,200DSMBC当選
3/9フォーラムエンジニアリング(7088)1,3101,030Dみずほ当選
3/10ビザスク(4490)1,5001,310C東海補欠➡落選
3/11コンピューターマネジメント(4491)2,7504,360C落選
3/13フォースタートアップス(7089)1,7701,628B落選
3/13木村工機(6231)2,4002,050C落選
3/13リグア(7090)1,9501,910C落選
3/16ミクリード(7687)890818Cみずほ補欠➡落選
3/17ミアヘルサ(7688)2,3301,748D落選
3/17リビングプラットフォーム(7091)3,9003,350D落選
3/17ドラフト(5070)1,5801,221C落選
3/19ゼネティック(4492)1,7001,620B落選
3/19関通(9326)4901,032C落選
3/19日本インシュレーション(5368)940869C大和補欠➡辞退
3/24リバーホールディングス(5690)960720Dみずほ当選➡辞退
3/25ヴィス(5071)820754D大和補欠→辞退
3/26アディッシュ(7093)1,2302,101B落選
3/26サイバーセキュリティクラウド(4493)4,5009,210S落選
3/30NexTone(7094)1,7001,660B落選
3/30ニッソウ(1444)3,7502,800C落選
3/31Macbee Planet(7095)1,8302,348CSBI補欠→辞退
4/6松屋アールアンドディ(7317)910838Dみずほ補欠⇒辞退
6/24コパ・コーポレーション(7689)2,0004,530B落選
6/24ロコガイド(4497)2,0004,605CみずほSBI補欠➡落選
6/24フィーチャ(4052)5204,710B落選
6/26コマースOneホールディングス(4496)1,6006,970B落選
6/29エブレン(6599)1,3505,000C落選
6/30グッドパッチ(7351)6902,757C落選
7/7Branding Engineer(7352)4902,920BSBI補欠⇒落選
7/10Speee(4499)2,8805,150C落選
7/15アイキューブドシステムズ(4495)3,1209,430A落選
7/15GMOフィナンシャルゲート(4051)2,5406,550B落選
7/15KIYOラーニング(7353)2,3005,360B落選
7/31日本情報クリエイト(4054)1,3002,210C落選
7/31Sun Asterisk(4053)7001,209C東京東海、大和補欠➡落選
8/3モダリス(4883)1,2002,520CSBI補欠➡落選
8/7ティアンドエス(4055)2,8007,010A落選
8/20ニューラルポケット(4056)9005,100A落選
8/25インターファクトリー(4057)9605,080A落選
9/17雪国まいたけ(1375)2,2002,100DSBI補欠➡辞退
9/24トヨクモ(4058)2,0009,020B落選
9/24グラフィコ(4930)4,0909,560CSBI補欠⇒落選
9/24まぐまぐ(4059)8103,400CSBI当選
9/25STIフードホールディングス(2932)1,9002,080D落選
9/25I-ne(4933)2,8903,250CSMBC・大和当選
9/28rakumo(4060)1,2503,800B落選
9/29ヘッドウォーターズ(4011)2,40028,560S落選
9/30アクシス(4012)1,0705,700BSMBC当選
10/2タスキ(2987)6705,060B落選
10/5ダイレクトマーケティングミックス(7354)2,7002,600D落選
10/13日通システム(4013)3,0005,500C落選
10/16アースインフィニティ(7692)1,97010,410A落選
10/27カラダノート(4014)450Bみずほ補欠
10/28プレミアアンチエイジング(4934)4,140C落選
10/28さくらさくプラス(7097)2,330C落選
10/30Retty(7356)1,180C大和当選
11/19アララ(4015)A
11/25MITホールディングス(4016)B

2020年に行われたIPO全てに参加(全力申込み、一部申込み)中です。

『当落記事』ではそれぞれのIPOにどの証券会社から申込んだか、結果は当選・補欠当選・落選のいずれだったかの詳細を記しています。

AHCグループ(7083)みずほ証券100株

AHCグループ当選

AHCグループ約定

公募価格2,200円、初値3,550円。欲を出して様子をみてしまい3,300円で売却。

収益 +110,000円

スポンサーリンク

ウイルテック(7017)SMBC日興証券 200株

ウィルテック優遇当選

ウィルテック自分口座約定

ウィルテック通常当選

ウィルテック嫁様口座約定

主幹事SMBC日興証券で自分口座、嫁様口座ともに100株当選。コロナ禍で株価が大暴落中に奇跡的に同値で売却できました(手数料198円×2だけ損)。

収益 ±0円

フォーラムエンジニアリング(7088)みずほ証券100株

フォーラムエンジニアリング当選

フォーラムエンジニアリング約定

コロナ禍でIPO総崩れ。平幹事のみずほ証券で当選という非常事態。公募価格1,310円に対し初値1,030円と見事な公募割れ。

収益 -28,000円

リバーホールディングス(5690)みずほ証券100株

コロナ禍真っ只中でほとんどのIPOが公募割れの中『当選したら購入する』のマイルールを破り泣く泣く購入辞退(結果は公募価格960円に対し初値720円)。

収益 購入辞退

スポンサーリンク

まぐまぐ(4059) SBI証券100株

まぐまぐ SBI当選

まぐまぐ約定

400株申込みのSBI証券未成年口座で奇跡の当選。公募価格810円に対し初値3,400円できっちり売却(でも数日後高騰し5,000円台に…)。

収益 +259,000円

I-ne(4933)SMBC日興証券100株 大和証券100株

I-ne SMBC当選

I-ne妻約定

I-ne大和チャンス当選

I-ne長女約定

公募価格2,890円に対して初値3,250円。初値売りをせずに多少様子を見るも、下落時にびびってしまい3,550円、3,520円でそれぞれ売却。その直後に高騰しSTOP高…。

収益 +63,000と+66,000円

アクシス(4012) SMBC日興証券100株

アクシス SMBC当選

アクシス約定

初値売りするつもりはなかったのですが、トランプ大統領コロナ陽性が報じられ、翌週からの地合いが不安になって初値売り。その後ストップ高…。

収益 +463,000円

Retty(7356) 大和証券100株

大和長女当選

当選した証券会社ランキング

2020年に証券会社別当選回数です。

当選回数

この当選回数≒重要な証券会社だと思います。

嫁様
嫁様

2019年に大活躍した大和証券と、平幹事でも当選が期待できるマネックス証券であと1回ずつ当選してほしい!

IPO投資収益(2020年)

+933,000円(10月上旬時点/税引前/手数料除く)

2020年のIPO投資による収益は+933,000円でした。

2019年は+328,000円でした。

スポンサーリンク

まとめ

2020年10月時点で7つのIPOに当選し、93,300円の利益を得ることができました。

当選した7回のIPOのうち、公募価格を上回ったIPOは4回、同値が1回、公募割れが2回という結果でした。

正直、私のような元手が少ない投資初心者が、株の取引きで大きな利益を出すのは難しいです。が抽選にハズレても1円も損をしないIPOなら、ローリスクハイリターンで安定的に利益を得ることができます。

はないっくん
はないっくん

大きな利益を得ることはできなくても『サラリーマンのお小遣い稼ぎ』にはなります。

2019年から本格的にIPOに参加を始めた投資初心者の私ですが、2年目の2020年は100万円の大台を越えられるよう、IPO投資でお小遣い稼ぎを楽しみます!

タイトルとURLをコピーしました