SBI証券IPOチャレンジポイント 投資初心者がまず最初に口座開設するべき証券会社

投資初心者

IPO投資の存在を知った!でも少ない資金でどの証券会社から口座開設をすれば良いのか…?

私は諸先輩方と比べるとまだまだ未熟&少ない資金でIPOを楽しむ、2018年7月からIPO投資を始めたサラリーマンです。そんな私目線で「IPO投資で口座開設するならまずSBI証券から!」というのをご説明させて頂きます。

<2018年7月~2020年9月時点でのIPO当選回数>

抽選ルール
当選事例ご紹介
当選補欠当選
大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券-
SBI証券
マネックス証券
三菱UFJモルガンスタンレー証券
auカブコム証券
エイチエス証券
野村證券
東京東海証券
楽天証券
松井証券

 

スポンサーリンク

IPO投資の基本戦略は物量作戦ですが…。

IPOの仕組みと2020年のIPO全例。勝率85%超えのローリスク投資です。

IPOに必要なのは『運力』。

できる限り多くの証券会社口座を開設し、IPOに申込む必要があります。でも資金には限界がある…。どの証券会社から口座開設すれば良いんだろう…?

女性がPCの前で驚く

家族4人分のIPOチャレンジポイント

この記事では『IPO投資を行うならまずはSBI証券!』というのをご説明させて頂きたいのですが、それにはまず私の家族4人分のIPOチャレンジポイントをご覧頂いた方がご理解頂きやすいと思います。

IPOチャレンジポイント自分分151ポイント

IPOチャレンジポイント妻分105ポイント

IPOチャレンジポイント長女分77ポイント

IPOチャレンジポイント長男分75ポイント

上から私口座151ポイント、嫁様口座105ポイント、長男口座77ポイント、長女口座75ポイントが貯まっています!

IPO諸先輩方に比べればまだまだですが。5~10年後を見据えて貯めています。この『IPOチャレンジポイント』がSBI証券をおすすめするキーワードになります。

2018年7月にIPO投資の存在を始めて知った、投資初心者の私。

すぐにSBI証券の口座開設をし、続いて嫁様口座、2019年に入って長男、長女分の未成年口座を開設しました。

SBI証券でIPO抽選に参加し落選すると、IPOチャレンジポイントというポイントが1つのIPOにつき1ポイントもらえます。

私口座は151回、嫁様口座は105回、長男77回、長女75回、IPOに参加し、落選し続けているわけです!

いったいこれのどこが良いことなのか、順を追ってご説明致します。

スポンサーリンク

SBI証券のIPO実績・取扱数

株取引をする青年

SBI証券のIPO実績について解説していきます。

IPO取扱数

2019年IPO取扱数TOP5の証券会社。

2019年IPO取扱数TOP5

1位.SBI証券(82社) 

2位.SMBC日興証券(61社)

3位.みずほ証券(54社)
4位.マネックス証券(45社)

5位.大和証券(43社)

直近5年間の年別IPO取扱実績数

20152016201720182019
取扱数8276868682
主幹事数8138117

2019年IPO取扱数はダントツのNO1。直近5年のIPO取扱数もNO1。関与率(全IPOの中から幹事を引き受ける率)は軽々と80%を超えています。

IPOを多く引き受ける=それだけで当選のチャンスが多い、ということです

口座数

公開されている開設口座数TOP3

口座開設数TOP3

1位.SBI証券(482万) 
2位.野村証券(465万) 
3位.SMBC日興証券(345万)

野村証券をおさえて口座開設数もTOP。日本人の約20人に1人が口座を開設していることになります。安心感があります。

SBI証券のIPOのルール・仕組み

抽選方法同一資金未成年口座
約35%口数抽選
約15%IPOチャレンジ
ポイント抽選
重複申込
可能
親権者が先に
口座開設して
いれば可能

SBI証券のIPO抽選ルール

SBI証券が引き受けた総株数の約45~50%がネット抽選で配分されます。

通常の証券会社はネット配分が10~15%ですので、約45~50%という数値は極めて高い配分率です。

この50%の内、35%が完全抽選、15%がIPOチャレンジポイントのポイントが多い順に割り当てられます。

気付きを得た男性

引受1,000,000株の場合
  1. 500,000株(50%)がお金持ち様に裁量配分される
  2. 500,000株(50%)がネット抽選(我々)に配分される
  3. 350,000株(35%)がネット抽選で完全抽選される
  4. 150,000株(15%)がIPOチャレンジポイントの多い順に配分される

SBI証券のIPOルールはお金持ち様有利!

IPO証券の抽選方式は「完全抽選」と述べましたが、申込んだ口数に対して抽選が行われます。

例えば、公募価格1,000円のIPOに申込むには1口100,000円の資金が必要です。

資金100万円の私の場合、10口申込むことができます。資金1億円のお金持ち様の場合、1,000口申込むことができます。

10口対1,000口。つまり当選確率に100倍の差が生じます。

SBI証券のIPO抽選方式の35%配分分の完全抽選は、資金力がそのまま当選確率に直結する、言い換えればお金持ち有利ルールと言えます。

悩む男性

お金持ち有利…。では我々庶民は奇跡を信じて申込を続け落選を繰り返すしかないのでしょうか…。

資金力の差を吹き飛ばせ!庶民でもSBIでIPOを続けていれば、いつかは必ず当選するルール『IPOチャレンジポイント制』を後述します!!

SBI証券は同一資金重複申込可能

IPOラッシュの際は同じ時期に複数のIPOが重なります。

複数のIPO抽選に申し込む際、それぞれのIPO銘柄の必要な資金の合計額が証券口座に必要な証券会社と、同一の資金で複数のIPOに抽選申し込みができる証券会社があります。

SBI証券は同一資金重複申込可能な証券会社です。

私のように限られた資金で戦う庶民IPO愛好家にとって、同一資金重複申込可能なSBI証券は本当に助かります!

SBIの口座に30~50万円程度の資金を入金し、あとは片っ端からIPOに参加し落選を続けるイメージです。

同一資金重複申込可能

会社A(IPO申込必要資金15万)

会社B(IPO申込必要資金20万)

会社C(IPO申込必要資金30万)

証券会社に入金するお金(買付余力)は30万円でOK

SBI証券は未成年口座の開設が可能

冒頭で述べたように、私はSBI証券で小学生の長男、長女の未成年口座を開設して、IPOに申込んでいます。

SBI証券は親権者がSBIに口座開設していれば、未成年口座の開設が可能です。当選確率を少しでも上げるために、お子様がいらっしゃる方はぜひ未成年口座を開設しましょう。

スポンサーリンク

IPOチャレンジポイント。庶民もいつかは必ず当選する

ここからはSBI証券にしかない特別なIPOルール『IPOチャレンジポイント』についてご説明致します。

2019年のIPOで一番利益が出たのはサーバーワークス

2019年のIPOの初値売りで最も利益が出たのは3月13日に上場したサーバーワークス(4434)

上場日銘柄公募価格初値損益予想
3/13サーバーワークス4,780円18,000円+1,322,000円S

1,322,000円の利益が出ました(当然私は当選していません)

この時にサーバーワークスに当選するためのIPOチャレンジポイントは450~500ポイントだったと言われています。

あれ…?じゃあ、2010年から2018年までSBI証券で516回IPOがあるから、516ポイント貯めていた人はサーバーワークスに当選したってこと…?

ハイ。9年間ポイントを貯め続け、サーバーワークスのIPOに申込したら、仕組み上必ず当選します。家族4人でなら5,288,000円の利益です。

資金の少ない庶民投資家でも必ずお宝IPOに当選する仕組みのIPOチャレンジポイント制。イメージして頂きやすくするために実例を先にご紹介しました。

詳細を見ていきます。

IPOに参加し、落選することに1ポイントもらえる

2020年1月30日に抽選が行われた、ジモティー(7082)の抽選結果記事。

SBI証券で家族分4口座ジモティーに申込をし、当然のように落選しています。

ハイ。これで家族4人分のIPOチャレンジポイントゲットです。

  • SBI証券ではIPOに落選する毎にIPOチャレンジポイントを1ポイントもらえる
  • 申込む口数は1口でも10,000口でも1度落選すれば1ポイント。平等。

IPOチャレンジポイントが多い順に当選する

SBI証券では配分された株数の約50%を店頭配分で裁量配分(お金持ちのお得意様に配分)し、残り約35%をネット抽選で完全抽選(口数に対して抽選されるため、ここでもお金持ち有利)します。

ここまでは資金力の多寡の勝負です。庶民IPO愛好家はお金持ち様との不利な戦いを『運力』で勝負するしかありません。

ですが残りの15%。

この15%についてはIPOチャレンジポイントの多い順番に当選します。

資金の多寡に関わらず、落選を積み重ねていけば、いつか必ずお宝IPOに当選する。これがSBI証券IPOチャレンジポイントのキモです。

落選してもペナルティー無し。

貯まったIPOチャレンジポイントは1つの例外を除き、なくなること、減ることはありません。

『ここだ!このIPOでこれまで〇〇年間貯めてきたポイントを使うんだ~!!』とIPOに申込み、ボーダーに届かず落選した場合。

『ハイ、残念。君に当選する権利は与えられなかったよ。ポイント還すからまた頑張って。』とそのままポイントが還ってきます。

SBI証券の説明ページから出典し、ご説明致します。

『ここだ!ここで使うんだ!』とブリッジインターナショナルに97ポイント使用して落選。

97ポイントではボーダーラインに届かなかった訳ですね。その場合でもその97ポイントは無くならずにそのまま戻ってきます。

そして落選したので+1で98ポイント。

SBIのIPO説明

IPOチャレンジポイントが無くなるタイミングはただ1つ。

貯め続けたポイントを『これだ!』と思うIPOで申込し、見事ボーダーラインに届き、当選した時です。

つまりIPOチャレンジポイントが無くなる=お宝IPOに当選した勝利の瞬間です!

スポンサーリンク

SBI証券でIPO申込を続けるイメージ

IPOは当選すれば高確率で利益が出る宝くじ。

宝くじはハズれれば紙切れになりますが、SBI証券に限らずIPOは落選しても1円も損することはありません。ただ、落選したというだけ。

もし銀行の預金口座に100万円の貯金があれば、その内の30~50万円をSBI証券に入金し、ひたすらIPOに申込をし、落選を繰り返す。そんなイメージです。

どのくらいの資金が必要?

2019年に行われたIPOを例にし、資金30万円、40万円、50万をSBI証券の口座に入金し、参加できたIPOの回数です。

資金50万円までで参加できたIPO

資金30万円の場合・・・76回(84%)

資金40万円の場合・・・84回(93%)

資金50万円の場合・・・89回(98%)

もし2019年1月時点でSBI証券の口座を開設し、30万円を入金しIPOチャレンジポイントを貯めた場合、76ポイント貯まっていた計算になります。

同一資金重複申込可能なので、一度まとまったお金を入金してしまえば、あとは申込み続けるだけです。

30万円入金すればほとんどのIPO(8割超)参加可能です。

もし途中でお金を出金する必要ができたら?

SBI証券に30万円のお金を入金し、IPO申込を繰り返す中、急にお金が必要となった場合。

SBI証券の口座から必要なお金を出金するだけです。手数料も無料です。

仮に全額引き出しても、貯めてきたIPOチャレンジポイントも無くなりません。

ゆとりができればまたSBI証券口座に入金すれば良いだけです。銀行預金をSBI証券口座に入れておく感覚でOKです。

IPOチャレンジポイントのリスク

2010年から2018年まで516回落選を続けIPOチャレンジポイントを貯め続ければ、誰でも当選できたであろうサーバーワークス(4434)の1,322,000円。

それを得るためのリスクを考えてみます。

落選に耐え続ける忍耐力

9年間かけて516回申込みをし、516回落選することで得る516ポイント。落選し続けることで、途中でいやになっちゃうかもしれません。

516回落選する道中で35%枠の完全抽選で当選するかもしれませんが。

地雷IPOに完全抽選で当選し、損益を出す可能性

いかに勝率8割越えのローリスクハイリターンIPO投資と言えども、時々公募割れする地雷IPOに遭遇します。

例えば2018年12月上場のソフトバンク(9434)。公募価格1,500円に対し初値1,463円。100株単位で3,700円のマイナスでした。

超大型IPOでこのときは私も申込んだほとんどが当選、補欠当選しました。が、全て購入辞退しました。地雷IPOに当選した時も、公募割れのリスクが大きいと判断すれば購入辞退すれば良いです

SBI証券では当選したIPOを購入辞退することのペナルティーもありません。

IPOに申込み落選を繰り返す時間

ネットでポチポチっと抽選申込をするだけです。がIPOラッシュのときはちょっぴり面倒くさいときもあります。これは自己完結するしかありません。

SBI証券がIPOチャレンジポイント制度を廃止するリスク

もともと落選しても1円も損することが無いIPOですが、これは『ガッカリ感』がハンパ無いでしょう。永く続いている制度ですが、自分が当選するまで廃止しないことを願うばかり…。

あまりに当選しないため、開設した口座で株取引をし、損を出す可能性

SBI証券に限らず、IPOはそんなにバンバン当選するものではありません。口座に入れた資金で株を購入、取引をし、損失を出す可能性があります。

IPOチャレンジポイントのリスクまとめ

無理やりリスクをあげると…。
  • 落選に耐え続ける忍耐力
  • 地雷IPOで当選し損を出す可能性
  • IPOに申込み落選を繰り返す時間
  • IPOチャレンジポイント廃止のリスク
  • 株取引で損を出す可能性

ん~…。

そもそもIPO自体が当選すれば勝率8割超え、落選しても1円も損をしないという仕組みです。

投資初心者の私が、実際に1年半IPOチャレンジポイントを貯めてきたうえでリスクを考えてみましたが、このくらいしか思いつきません。

スポンサーリンク

まとめ

IPO投資初心者が証券口座開設をする際に、まず最初に開設するべき証券会社はSBI証券であるということを、私の経験と実例からご紹介させて頂きました。

IPOチャレンジポイントに絞ってご説明させて頂きましたが、口座開設数NO1のSBI証券。IPO以外でも、取扱銘柄数や手数料の安さ等々、全てにおいて申し分の無い証券会社です。

先行する投資諸先輩方との間に存在する圧倒的資金力の差を埋めるために存在するSBI証券のIPOチャレンジポイント。

時間を味方に付け、5~10年後に莫大な利益を得るために、IPOにご興味を持たれた方はまずSBI証券の口座を開設し『IPOチャレンジポイント貯金』を始めるのをおすすめします。

嫁様
嫁様

ここまで読んで頂いてありがとうございました!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日常のお買い物やサービス利用でポイントサイトを活用しコツコツ還元を受け節約し、もらったポイントで投資!
私が長年愛用のおすすめポイントサイト
 【ポイントインカム】 ポイントサイトのポイントインカム
【ハピタス】 その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
 【ライフメディア】 ライフメディアへ無料登録
【すぐたま】 すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!
IPO 証券会社
はないっくんをフォローする
サラリーマンがお小遣い稼ぎをやってみる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました