投資初心者はIPO初値売り?ホールド?自分が当選した全IPOを調べた驚きの結果

投資初心者

2018年末からIPO投資を始めた株初心者の私。

初心者は特に初値売りが推奨されていますが、もし自分自身が当選した株を2020年9月末現在まで所有していたらどうなっていたのか?調べてみました。

この記事でご紹介すること
  • 2018、2,019年に当選したIPOの実際の売値と現在の株価
  • 当選したIPOを今日までホールドし続けた場合の損益
  • 当選したIPOを新型コロナ禍の最安値で売却した場合のワーストケースの損益
はないっくん
はないっくん

自分のヘタさ加減にあぜんとする結果となりました!!

なおこの記事の「現在の株価」は9月25日終値の株価です。

スポンサーリンク

ローリスクハイリターン投資IPOの収益

IPOは投資初心者でも利益を出しやすい「ローリスクハイリターン投資」とされています。

2018年夏に生まれて初めて証券会社の口座開設をし、2018年末からIPOを始めた私でも、少ないながらも利益を得ることができています。

  • 2019年収益 +328,900円
  • 2020年収益 +933,000円(10月上旬時点)

ネット抽選ならSBI証券以外はほとんどの証券会社が完全平等抽選のため、私のように資金が少ない『IPO愛好家』でも抽選申込を続けさえすれば当選することができます。

大和証券SMBC日興証券みずほ証券 SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券 。この7証券口座にそれぞれ20~30万円ずつ入金し、ネットでIPO抽選申込みを続けていくだけで、それなりに当選し、楽しいお小遣い稼ぎになっていくと思います。

嫁様
嫁様

『お金がかからない宝くじ』感覚で楽しんでいます。抽選にハズレても1円も損することないし、当選すれば高確率で利益が出るIPO最高!!

なぜ『初値売り』が推奨されるか

投資初心者が当選したIPOの株を売却する場合『初値売り』が良いと推奨されています。

私はこの理由を『初値売りをせずに取引が始まった瞬間以降は、百戦錬磨の株取引諸先輩方、資金豊富な投資家の皆様方のトレードの波にもまれ、勝てるわけがないから』だと思っています。

ハッキリ言って、初心者・素人が知識面、経験面、資金面で上回る諸先輩方と利益の取り合いっこをしても敵うはずがありません。ラッキー中のラッキー中のラッキー中のラッキー野郎でなければ、初心者が安定的に利益をあげるのは難しいと思います。

はないっくん
はないっくん

センスがある方は別だと思います。でも自分にはセンスがないし経験もない。正直、株価が上がるか下がるかわかりません!

嫁様
嫁様

短期トレードは仮想通貨で懲りているため、積立NISAやiDeco、ウェルスナビといった長期の機械的積立にシフトしています。

その点、初値売りならば公募価格と初値の差がそのまま利益となり、初値が付いた瞬間に利益が確定するため、トレードの波にもまれる心配がありません。乏しい知識や経験の中で最適な売り時に悩む必要もありません。

もし初値売りした後で株価が高騰してもそれは結果論です。初値売りした後に下落することも多々あります。初値売りにより「ローリスク」とされるIPO投資をさらにローリスクなモノにすることができます。私のような初心者は利益の最大化を求めるよりもリスクの最小化を求めるべきでしょう。

でも…。

IPOに当選しどのくらい初値が高騰するか心を躍らせ、初値で売却!その後にさらに株価が高騰していくのを眺めているのは切ないものです。個人的には切ない思いをした経験の方がむしろ多い気もします。

いや…。初値売り後に高騰していく株価を切なく見つめるシーンの方が心に残りやすいだけで、実際は初値売りで成功しているのだろうか?

もし、今まで当選したIPOの当選直後に気絶して、全てを今日までホールドしていたら、損益はどうなっていたんだろう?

そんなことを考え、調べてみました。

スポンサーリンク

2018年当選IPO

自律制御システム研究所(6232)みずほ証券100株

自動制御当選

公募価格 3,400円  売却価格 2,830円(初値売り)  現在株価 2,744円

生まれて初めて当選したIPOは自律制御システム研究所。みずほ証券では取引履歴を15か月しか遡れないため画像は残っていませんが、初値2,830円で売却しました。

2019年当選IPO

日本国土開発(1887) auカブコム証券100株

日本国土当選

日本国土売却履歴

日本国土現在

公募価格 510円  売却価格 624円(初値売り)  現在株価 621円

三菱UFJモルガンスタンレー証券が主幹事を務めるIPOで輝きを放つ委託幹事のauカブコム証券。初値売りしました。

コプロホールディングス(7059) 大和証券100株

コプロ売却履歴

コプロ現在価格

公募価格 2,090円  売却価格 2,395円(初値売り)  現在株価 3,180円

大和証券での初めての当選。決して評価の高くないIPOでしたが、手堅くちょい勝ちをおさめることができました。

大英産業(2974) エイチエス証券100株

大英産業繰上げ当選

大英産業履歴

大英産業現在

公募価格 1,520円  売却価格 1,259円  現在株価 1,023円
エイチエス証券主幹事の大英産業のIPO。福証上場のためIPOとしては人気がなく、公募割れの懸念も高かったのですが、あまりに当選しないため補欠当選に申込んだらまさかの繰上げ当選。
初値は予想通り公募割れの1,330円。淡い期待で初値売りせずに傷口を広げ1,259円で売却。

ステムリム(4599) SMBC日興証券100株

smbcステリム当選

ステムリム取引履歴

ステムリム現在株価

公募価格 1,000円  売却価格 930円(初値売り)  現在株価 930円
すでに黒字を達成しているステムリムですが規模が大きく上場時の評価は高くありませんでした。予想通り公募割れし、引受価格の930円が初値でした。

Chatwork(4448) 大和証券100株

chatwork当選

chatwork取引履歴

チャットワーク現在株価

公募価格 1,600円  売却価格 1,508円  現在株価 1,750円
初値が1,480円とあっさり公募割れしたため売却せずにいるとあれよあれよと1,100円台に下落し、売るに売れず8か月放置。今年5月に回復した際に売却(その後高騰…)。
[ad]

BASE(4477) 大和証券100株

泣く男性

Chatworkまで利益が出るIPOにほとんど当選できず、さらに当選しても損ばっかりしているのがお分かりになると思います。まさに『IPOなんてやらんほーがよかった状態』

これではイカンと気合を入れ、大和証券未成年口座や三菱UFJモルガンスタンレー証券等、証券会社の口座数を増やし、全証券口座に資金をまんべんなく入れ、ローラー申込み作戦を決行します。

ここから当選本数は増えました。が…。

『IPOは初値売りしたあとに高騰する』が私の頭の中に刷り込まれた4連発でした。早々に売った株ほどよく騰がる騰がる!!

まずはBASEから。

BASE当選大和

BASE現在株価

公募価格 1,300円  売却価格 購入辞退  現在株価 11,460円
上場時の評価は非常に低く、当選1補欠当選5の補欠当選ラッシュ。びびって購入辞退。初値1,210円と見事な公募割れ。その後テンバガー達成。
はないっくん
はないっくん

購入してガチホすれば良かった!俺を置いてテンバガー達成せんでくれ~!

マクアケ(4479) 大和証券100株 マネックス証券100株

マクアケ大和当選

マクアケ大和取引履歴

マクアケマネックス当選

マクアケマネックス取引履歴

マクアケ現在株価

公募価格 1,550円  売却価格 2,710円(初値売り) 現在株価 11,130円
大和とマネックスで当選した100株をきっちり初値売り。その後爆謄。ほぼテンバガー。
はないっくん
はないっくん

せっかく1,550円で200株あったのにきっちり初値2,710円で売ってもうた…

メドレー(4480) 大和証券200株 三菱UFJモルガンスタンレー証券100株

メドレー大和当選1

メドレー大和当選2

メドレー取引履歴1

メドレー取引履歴2

メドレー当選三菱

メドレー三菱取引履歴

メドレー現在株価

公募価格 1,300円  売却価格 1,313~1,320円  現在株価 4,945円
大和証券長男・長女口座で100株、三菱UFJモルガンスタンレー証券で100株、計300株当選。初値は1,270円で公募割れ。公募価格を上回った時に売却するも、その後3倍に高騰。
はないっくん
はないっくん

300株とも公募価格近辺で売却。そんな騰がるなら公募割れすんな!!

JTOWER(4485) 大和証券100株

大和当選JTOWER

Jtower取引履歴

JTOWER現在株価

公募価格 1,600円  売却価格 2,620円(初値売り)  現在株価 5,020円
大型ながら評価がそこそこ高かったJTOWER。10万円儲かったと喜んでいたらその後2倍に高騰。
嫁様
嫁様

BASE、メドレー、マクアケに比べたら可愛く見えるけども…!

スポンサーリンク

まとめ

履歴を取りまとめていくうちにあいまいだった部分が明確になり、自分のヘタさ加減に涙が出そうになりました…。が、事実を事実のまま正確にまとめてみます。

公募価格の合計値、売却価格の合計値、現在価格の合計値を算出してみます(購入辞退したBASEは公募と初値が同値で計算)。

合計値
  • 公募価格・・・20,020円(2,002,000円)
  • 売却価格・・・22,837円(2,283,700円)
  • 現在価格・・・63,823円(6,382,300円)

な、なんて残酷な結果でしょう…。

当選した株を初値売りせず、何も考えず今日まで持ち続けていれば、4,098,600円も多く儲かっていたという衝撃の数字が算出されました。

はないっくん
はないっくん

株価なんか一切見ずに仕事に励み、勉強をし、読書をし、家族と触れ合い、友人と語らい日々を過ごし、ふと株価を見た方がよっぽど儲かっていたという事実。

いやいや。株価を全く見ずに過ごすなんて不可能だし、これは結果論。

絶対に今日までに利確するし、当選した株を持ち続け株価が下がりきった底値のときに狼狽売りした可能性もあるハズ。初値売りせずに所有を続けても、3~4月の新型コロナ禍で大暴落していた時期に投げ売っていたのでは?

(自分を慰めるため)ワーストケースを算出するべく、各IPOの2020年年初来安値を調べてみました。

当選IPO年初来安値(2020)
  • 自律制御システム研究所・・・1,612円
  • 日本国土開発・・・405円
  • コプロホールディングス・・・1,182円
  • 大英産業・・・607円
  • ステムリム・・・278円
  • Chatwork・・・645円
  • BASE・・・774円
  • マクアケ・・・2,812円×2
  • メドレー・・・1,210円×3
  • JTOWER・・・2,864円

合計 17,621円(1,762,100円)

これまた微妙な数字に…。

2018年2019年に当選したIPOを2020年で最も安い株価で投げ売りしていた場合、公募価格よりも239,900円損をしている。逆に言うと10年に1度の大暴落相場のワーストケースで投げ売っていたとしても、239,900円しか損をしていない、という結果となりました。

大暴落の中、株取引をする万人が2020年で世界一安い価格で取引をしたワーストケース中のワーストケースでも、2,002,000円の投資に対し、12%程度の239,900円の損。大して損していない。

当選した株を売却せずに、株価を全く見ることなく所有を続けていれば2,002,000円の投資に対し43,803,000円の利益。

嫁様
嫁様

マイナス239,900円のリスクを排除することで、プラス43,803,000円のリターンを逃している?

もちろん現実的には株価を全く見ないということは困難です。なによりも『私が当選したIPO』についてだけの検証です。

テンバガーのBASEとマクアケに引っ張られすぎている面もあります。

初値を付けてひたすら右肩下がりのIPOも数多くありますし、「初値で売っておけば良かった!」と真逆の結果になるIPOばかりに当選しているという人もいると思います。

ただ『私が当選したIPO』の初値売りかホールドか、どちらが利益となったかについて、事実に基づいて言えることは、結果論ですが「初値売りせずにホールドし続ければ良かった」です。

高騰したBASE、マクアケ、メドレー、JTOWERに共通している点としては

  • 決して小型IPOではない。中~大規模IPO
  • IPO時の評価は決して高くない。初値は公募割れ~2倍まで
  • クラウドファンディング、通信、EC、医療クラウドと手掛ける事業が時流にマッチしている

といったところでしょうか。

2020年6月以降~9月末現在のIPOは、お金余りの中バブル化しており初値2倍以上が当たり前になっています。初値を付けたあとも急上昇する銘柄もあり、一見するとセカンダリーも簡単に儲かりそうにも見えます。でも初心者が投資諸先輩方を相手取って、トレードで安定して利益を上げることができるハズがありません。

投資初心者の私には当選したIPOの中で騰がっていく株と下落していく株を確信を持って仕分けるのは不可能です。であれば、やはり公募価格に対し初値がつり上がったIPOは素直に初値売りし、公募価格近辺~初値2倍までのIPOは初値売りかホールドかを検討するくらいしか選択肢はなさそうです。

はないっくん
はないっくん

初値売りかホールドか。結局銘柄ごとに正解は違うわけですが、正しい判断ができるように、少しずつ知識と経験を積んでいくしかないですね

この記事のまとめ

  • 私が当選したIPOをほぼ初値売りした損益は+281,700円
  • 私が当選したIPOを今日までホールドしていた場合の損益は+4,380,300円
  • 私が当選したIPOを2020年新型コロナ禍の中で世界一安く投げ売っていたら損益はー239,900円
  • 初値売り・ホールド、どちらが正解ということはないが、自分の場合は圧倒的にホールドしたほうが良かった
  • 当選したIPOは初値がつり上がったら素直に売却。2倍までならホールドを検討?
  • 自分、ヘタすぎる・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日常のお買い物やサービス利用でポイントサイトを活用しコツコツ還元を受け節約し、もらったポイントで投資!
私が長年愛用のおすすめポイントサイト
 【ポイントインカム】 ポイントサイトのポイントインカム
【ハピタス】 その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
 【ライフメディア】 ライフメディアへ無料登録
【すぐたま】 すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!
IPO 2020年IPO結果 証券会社
はないっくんをフォローする
サラリーマンがお小遣い稼ぎをやってみる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました