投資初心者のIPO当選履歴、収益まとめ(現在+2,013,700円)

投資初心者

2018年まで投資なんてしたことなかった庶民素人サラリーマンが2019年からIPO投資に全力参戦。2019年以降の当選履歴、収益(画像付)、当選した証券会社の回数をまとめました(当選だけでなく取引履歴も全て画像で残しています)。

なお当選した株を売却するタイミングは3つのパターンあります。

  • 初値売り
  • 多少持ち越して売却し、さらに利益を生む場合
  • 多少持ち越して売却し、初値売りより損をする場合
ここでは『IPOで当選した株を実際に初めて売却した価格』での損益を収益とします。
スポンサーリンク

2019年 +338,700円

2020年 +1,244,500円

2021年 +163,155円

2022年 +348,400円

当選した証券会社ランキング

証券会社別の当選回数ランキングです。※REITは1口=100株に換算

IPOを初めてからの証券会社別累計当選銘柄数、株数

私がIPOを始めた2019年からの累計でみると…

  1. 大和証券 11回 1,200株
  2. SMBC日興証券 7回 800株
  3. みずほ証券 5回 600株
  4. auカブコム証券 4回 500株
  5. マネックス証券 4回 400株
  6. CONNECT 3回 500株
  7. 三菱UFJモルガンスタンレー証券・・・3回 300株
  8. 楽天証券 3回 300株
  9. 野村證券 2回 200株
  10. 松井証券 2回 300株
  11. SBI証券  1回 100株
  12. エイチエス証券 1回 100株

大和、SMBC、みずほ3強変わらずとはいえ、マネックス、楽天、松井、auカブコムなど平幹事証券会社も重要なのが分かります。
SBI証券はひたすらチャレンジポイントが貯まっていきます…。

IPOを初めてからの証券会社別累計収益

私がIPOを始めた2019年からの累計でみると…

  1. SMBC日興証券 +511,400円
  2. auカブコム証券 +371,400円
  3. 大和証券 +301,525円
  4. SBI証券  +259,000円
  5. CONNECT +167,000円
  6. 楽天証券 +142,000円
  7. マネックス証券 +117,125円
  8. みずほ証券 +119,755円
  9. 松井証券  +31,200円
  10. 野村證券 +3,0000円
  11. 三菱UFJモルガンスタンレー証券 ‐350円
  12. エイチエス証券 ‐26,100円

利確損切し確定した損益です。
※2022年7月時点で15万円程度の含み益、30万円程度の含み損。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
買い物、宿泊、飲食、サービス利用。日常の生活でポイントサイトを活用し、もらったポイントは現金やdポイント、楽天ポイントに交換しています。 長年愛用しているおすすめのポイントサイトです。
【ハピタス】 その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
【二フティポイントクラブ】 ライフメディアへ無料登録
【すぐたま】 すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!
投資 IPO当選履歴・収支
はないっくんをフォローする
サラリーマンがお小遣い稼ぎをやってみる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました