LINE証券口座開設で4,000円もらいIPO当選を目指してみる

男性と上昇気流

2021年6月22日のコラントッテ(7792)からLINE証券がIPOの取扱を開始します。

3株分の株をもらって放置してきましたが、口座数で勝負する庶民IPO愛好家としては口座数を増やすしかない!というわけで、自己アフィリエイトで4,000円もらって口座開設しました。

※2021年7月12日現在の情報に基づいています。変更があれば随時更新します。

この記事でご紹介すること
  • LINE証券のIPOルール
  • アクセストレードの自己アフィリエイト4,000円
  • ポイントサイトで1,000円
スポンサーリンク

LINE証券と私

LINE証券はLINEが作った、2019年11月からサービスを開始したネット証券会社です。

LINE証券口座開設

口座開設キャンペーンで、3株分の購入代金がもらえます。

最高3株もらえるキャンペーン

おめえとう3株注文受け付けました

私も口座開設時に3株もらいました。銘柄はリコー。

712円×3株=2,136円。

クイズに正解する必要がありますが、設問は誰でも簡単に回答できるモノなので、実質口座開設で2,000円キャッシュバックキャンペーンでした。

このキャンペーンは2021年6月現在も行われているので、誰でも口座開設で3株もらうことができます。

私の場合は口座開設時(2020年6月)にもらった3株を翌日すぐに売却して、そのあと1年間完全放置していました。

IPOと野村證券

私は抽選で当選し初値売りすれば高確率で利益になるIPOは積極的に申込みしています。

2018年末から始め2019年から本格的にチャレンジし(私としては)それなりの利益を得ることができました。

今では家族4人合計で20証券60口座ほど証券口座を開設し、物量作戦でIPO抽選にチャレンジしています。

さて、そんな私の悩みのタネが『野村證券は当選できない』問題。

この2年半で100回以上自分と嫁様口座から申込みをし、当選したのはバリオセキュア(100株当選、公募2,250円初値2,150円、収支マイナス10,000円)と室町ケミカル(200株当選、公募820円初値1,424円 収支プラス124,800円)の2回のみ。

2口座から申込みをしているので、申込み回数は200回を越えます。当選確率は1%以下。

そんなものといえばそんなものなのですが、主幹事数TOPクラスの野村證券での当選回数をできればもっと増やしたい!

野村證券での当選確率が低い理由は2つ。

  • 野村證券はIPO申込に資金が不要。0円で申込をし当選してから入金すれば良いので「とりあえず申込み」が多く、結果として抽選倍率が高い
  • 野村證券は口座数が国内最高クラスで、抽選参加者が多いので抽選倍率も高い

できればもう少し抽選参加の敷居を上げてくれるような抽選ルールが望ましい…。
そう、大和⇒CONNECTのような関係の。

CONNECTは同じく大手証券会社の一角、大和証券の子会社です。
大和証券が幹事のIPOでCONNECTが委託幹事として当選株を配分します。

2020年12月にCONNECTがサービスを開始した直後は口座開設数が少なく、いきなりスタメン、ポピンズ、ウェルスナビが当選しました。

はないっくん
はないっくん

野村證券が共同出資(49%)しているLINE証券で、抽選申込みにキッチリ資金が必要なルールでIPOの取扱が始まればな~

そう思っていたら、始まりました!

スポンサーリンク

抽選ルール

LINE取扱銘柄

コラントッテ(7792)

仮申込期間 6月22日~6月28日

購入(抽選)申込期間 6月30日~7月2日

上場予定日 7月8日

ラキール(4074)

仮申込期間 6月30日~7月6日

購入(抽選)申込期間 7月8日~7月12日

上場予定日 7月16日

第一弾コラントッテ、第二弾ラキールの取扱が発表されました!

いずれも野村證券が主幹事のIPOです。
野村證券の委託販売という位置づけと考えると、野村證券が主幹事を務める年間20件前後のIPOで取扱いが期待できます。

申込み単位

100株単位(単元株)です。

コラントッテは想定価格1,000円、ラキールは想定価格1,300円なので、それぞれ100,000円、130,000円の資金が必要です。

同じ大手証券会社⇒委託販売のケースと比較すると一般的といえます。

  • 野村證券⇒LINE証券・・・100株単位
  • 大和証券⇒CONNECT・・・100株単位
  • SBI証券⇒SBIネオモバイル証券・・・1株単位
  • 三菱UFJモルガンスタンレー証券⇒auカブコム証券・・・100株単位
嫁様
嫁様

100株単位なので当選すると利益が大きいが、なかなか当たらない感じでしょうか

また複数単元申込みが可能です。

抽選方法

仮申込と購入申込(抽選申込)と2回申込みが必要です。

仮申込とは、実際にIPO(新規上場株)のお申込みをいただく前に、お客様の需要を確認するために行う事前の申込のことを指します。 LINE証券では、仮申込をしなかった場合、抽選申込(本申込)はできませんのでご注意ください。

仮申込を行った銘柄について、抽選申込をすることができます。

抽選は機械的な方法でランダムに行われます。

資金拘束

仮申込時に口座に申込数量を購入できる資金の入金が必要です。

また仮申込の際には、申込数量を購入できる資金(現金残高)があるかを確認いたします

ただし資金拘束はされないため、出金はできます。

資金拘束は購入申込(抽選申込)時です。
仮申込で申請した枚数を購入申込(抽選申込)できます。

購入申込時点で資金拘束されるため、銘柄ごとの資金が必要です。

また当選後の辞退はできません(当選すればそのまま自動で購入)

落選した場合は抽選日の夕方17:00頃に順次解放されます。

理想的だがお金持ち有利か?

先に挙げた、野村證券での当選確率が低い理由は2つ。

  • 野村證券はIPO申込に資金が不要。0円で申込をし当選してから入金すれば良いので「とりあえず申込み」が多く、結果として抽選倍率が高い
  • 野村證券は口座数が国内最高クラスで、そもそも抽選倍率が高い

LINE証券では銘柄ごとに資金が必要、口座数もそれほど多くないので、委託される当選株数が多ければ当選確率も高くなるのでは?と期待できます。

一方で気になるのが複数単元申込可能の部分。

もし資金さえあれば申込む単元数の上限が無い、というSBI証券方式であれば、お金持ちに非常に有利なルールといえます。

公募価格1,000円、1口10万円必要と仮定
  • 資金100万円の私=申込めるのは10口
  • 資金1億円のお金持ち=申込めるのは1,000口

私とお金持ちの間で当選確率に100倍の差が生じる

できれば申込む上限が10口くらいまでと定められているルールであってほしいです。

追記:コラントッテ、ラキールは申込上限が100株(1口)と定められていました。
これなら実質1口座1票の完全平等抽選と言えます。資金の多寡で有利不利はなさそうで安心。

アクセストレードの自己アフィリエイトで4,000円

家族みんなでIPOに取組む我が家としては、LINE証券がIPOの取扱を始めたということで重要度がハネ上がりました。これまで私の口座しか開設していませんでしたが、嫁様も口座開設することになりました。

LINE証券の口座開設は公式HPから可能です。お得に3株もらって無料で口座開設できます。

が、公式HPから口座開設しても(3株はもらえますが)口座開設することでお金をもらうことはできません。
どうせ口座開設するなら少しでもお得に!ということで、今回はアクセストレードを利用することにします。

アクセストレードは大手ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)です。

アフィリエイトのアクセストレード

アクセストレードが取扱う広告の中に、LINE証券口座開設の案件があります。

その報酬は4,000円です。そして本人利用OKとなっています。

つまりこういうことです。

  1. 自分が運営するブログに自分でLINE証券の広告を貼る
  2. 自分で広告をクリックし、口座開設する

LINE証券口座開設

嫁様
嫁様

要は自分で👆こういった広告を自分のブログに貼って、自分で申込むわけです。

はないっくん
はないっくん

この👆のバナーをクリックして口座開設すると私に4,000円が支払われます。なのでこっから登録してはダメです笑

アフィリエイト収益4000円画面

アクセストレードでLINE証券の広告を自分(嫁様)で利用することによって、証券口座の開設をしました。

アクセストレードで発生報酬が4,000円となっています。

これが今回の自分で利用した分です。
4,000円GET。

4,000円の報酬が確定すれば、広告を外してもOK、そのままでもOK。

自分のサイトやブログをお持ちの方は、公式HPから申込むよりも自分のサイトにアクセストレードの広告を貼りつけてそこから申込んだ方がお得です。

ポイントサイトで1,000円

アクセストレードの利用ができない方は、ポイントサイトの活用がおすすめです。

大手ポイントサイトでは常時LINE証券の広告案件があります。

ポイントサイトでもらったポイントは現金や電子マネーに換金することができます。

上場企業が運営するポイントサイトの4つ。

モッピーは㈱セレス【東証一部】、げん玉は㈱リアルワールド【東証マザーズ】、ポイントタウンはGMOメディア㈱【東証マザーズ】、ライフメディアは㈱ノジマ【東証一部のグループ会社】が運営しています。
非上場ですが実績、規模を備えた信頼できる大手ポイントサイト6つ。

ポイントサイト内のLINE証券の広告から口座開設することによって、だいたい横並びで1,000円分のポイントをもらうことができます。

ライフメディアへ無料登録

すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

  • ライフメディア(100円)
  • ECナビ(150円)
  • すぐたま(300円)

これらは登録するだけでそれぞれ()内のポイントがもらえるのでよりお得です。

すぐたまで実際の手順を確認してみます。

まず、すぐたまにログインし『LINE証券』で検索すると、広告が表示されます。

すぐたまでLINE証券検索

すぐたまの交換レートは2mile⇒1円なので、2,000mile=1,000円。

獲得条件は『申込から60日以内に口座開設完了し、初株キャンペーン特典での株購入』

「マイルを貯める」ボタンを押すと、LINE証券口座開設のページがひらきます。

LINE口座開設ページ

「キャンペーンにエントリーして口座開設申し込み」ボタンを押すと必要事項を入力するページが開きます。

必要事項・本人情報入力、電話番号入力、SMS認証、本人確認書類(マイナンバーカードもしくは通知カード)の登録と進み、口座開設手続き完了です。

不備がなければ2営業日ほどで口座開設できます。

クイズに答えよう

おめでとうございます全問正解です

3株注文受け付けました

簡単なクイズに答え、3株プレゼントをもらい、ポイントサイトの条件も達成。

これでポイントサイトで1,000円分のポイント(+新規登録のポイント)をもらい、LINE証券をスタートすることができます。

スポンサーリンク

まとめ

ちょうど今日(2021年6月17日)LINE証券の口座開設をアクセストレード経由で行ったので、LINE証券の特徴と合わせてお得な口座開設の方法をご紹介させて頂きました。

  • LINE証券がIPO取扱開始
  • 申込み単位は100株単位、複数単元申込み可能
  • 仮申込と購入申込の2回必要
  • 仮申込時資金必要、資金拘束は購入申込時
  • アクセストレードの本人申込みで4,000円
  • ポイントサイトの広告利用で1,000円

CONNECTがIPOの取扱いを開始したときは、当選しまくりのご祝儀状態でした。
おそらく口座開設者数が少なく、サービス開始直後で委託販売に回された当選本数も多かったことが理由かと思います。

CONNECTほど口座数が少なくはありませんが、もしかしたらLINE証券でも近い現象が起きるかもしれません。
見事当選できたら、当選内容を追記していきます。

IPO抽選にチャレンジしようとすれば主幹事を多く務める野村證券の口座開設は必須。
そして少しでも当選確率を上げようと思うと、委託販売をするLINE証券の口座開設もしておきたいところです。

初株キャンペーンで3株もらい、かつお得な方法で口座開設するのがおススメです。

嫁様
嫁様

ここまで読んで頂いてありがとうございました!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日常のお買い物やサービス利用でポイントサイトを活用しコツコツ還元を受け節約し、もらったポイントで投資!
私が長年愛用のおすすめポイントサイト
 【ポイントインカム】 ポイントサイトのポイントインカム
【ハピタス】 その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
 【ライフメディア】 ライフメディアへ無料登録
【すぐたま】 すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!
投資 証券会社
はないっくんをフォローする
サラリーマンがお小遣い稼ぎをやってみる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました