値ごろ感で買いたい銘柄がゴロゴロ…。2020年IPO4月10日時点の現在値まとめ

女性が祈りを捧げる

新型コロナにより公募割れ&上場中止が続々…。総悲観の2020年IPO。

しかし地合いも小康状態となり、下がりきった後に上昇に転じるように見えるIPO銘柄も多い。

今後の値動きは誰にも分らない中、4月10日時点の現在値をまとめてみました。

スポンサーリンク

2020年IPOの現在値まとめ

銘柄公募(円)初値(円)現在の価格当落
記事
コーユーレンティア(7081)1,8902,510829落選
ジモティー(7082)1,0002,3001,348大和補欠➡落選
ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)95,000101,00093,000落選
AHCグループ(7083)2,2003,5501,458みずほ当選
カーブスホールディングス(7085)750670482落選
Kids Smile Holdings(7084)2,2602,7321,739落選
きずなホールディングス(7086)2,3202,2201,931落選
ウイルテック(7087)1,2001,200748SMBC当選
フォーラムエンジニアリング(7088)1,3101,030754みずほ当選
ビザスク(4490)1,5001,3101,284東海補欠➡落選
コンピューターマネジメント(4491)2,7504,3602,865落選
フォースタートアップス(7089)1,7701,6281,798落選
木村工機(6231)2,4002,0502,456落選
リグア(7090)1,9501,9101,078落選
ミクリード(7687)890818576みずほ補欠➡落選
ミアヘルサ(7688)2,3301,7481,173落選
リビングプラットフォーム(7091)3,9003,3502,062落選
ドラフト(5070)1,5801,221989落選
ゼネティック(4492)1,7001,6201,350落選
関通(9326)4901,0321,720落選
日本インシュレーション(5368)940869750大和補欠➡辞退
リバーホールディングス(5690)960720639みずほ当選➡辞退
ヴィス(5071)820754640大和補欠→辞退
アディッシュ(7093)1,2302,1011,795落選
サイバーセキュリティクラウド(4493)4,5009,21015,810落選
NexTone(7094)1,7001,6604,745落選
ニッソウ(1444)3,7502,8002,706落選
Macbee Planet(7095)1,8302,3482,038SBI補欠→辞退
松屋アールアンドディ(7317)9108381,340みずほ補欠

2020年に行われたIPO29社のうち、公募価格を現在値が上回っているIPOは以下の9社。

現在値≧公募価格
  • ジモティー(7082)
  • コンピューターマネジメント(4491)
  • フォースタートアップス(7089)
  • 木村工機(6231)
  • 関通(9326)
  • アディッシュ(7093)
  • サイバーセキュリティクラウド(4493)
  • NexTone(7094)
  • 松屋アールアンドディ(7317)

このうち、初値が公募価格を上回り(IPO投資家を儲けさせる)、かつ公募価格を現在値が上回っている(セカンダリー投資家も儲けさせる)『神IPO』は6社。

神6
  • ジモティー(7082)
  • コンピューターマネジメント(4491)
  • 関通(9326)
  • アディッシュ(7093)
  • サイバーセキュリティクラウド(4493)
  • Macbee Planet(7095)

当選し初値売りすれば8割がた利益が出ると「されていた」、初心者におすすめと「されていた」IPO投資。その勝率、今は見る影もなし。

2020年に上場し初値が公募価格を超えたのは29社中10社。当選、初値売りで高確率で損をする投資となってしまいました。

高値からほとんど全ての銘柄が下落しているのでIPOだけが壊滅している訳ではありませんが、「公募価格でプラチナチケットゲット→買い向かうセカンダリーの方に初値で売る」ことが基本戦略のIPO初値売りにとって、買い手不在では厳しいものがあります。

一方で公募価格を現在値が上回っているIPOも9社あり、ガチホしていれば利益となっている銘柄もあります。

公募割れ→ガチホで現在値≧公募
  • フォースタートアップス(7089)
  • 木村工機(6231)
  • NexTone(7094)
  • 松屋アールアンドディ(7317)

特に公募1,700円、初値1,660円、現在値4,745円のNexToneは圧巻です。もちろん私は買えてません!

私のような初心者には無理無理…。難しい…。

初値割れし一気に値下がりしたIPO銘柄も、地合いの小康状態により「売られ過ぎ」と判断されて一気に高騰している銘柄も多いです。

値ごろ感だけで購入したい直近IPOがゴロゴロしています。

新型コロナによる景気後退入りでもう一段、二段下がる可能性も高く、きっちり値動きを見極めて購入するのが正着手とは思いますが、短期のリバウンド相場に乗りたい誘惑に駆られています。

スポンサーリンク

直近IPOそれぞれの現在値と日足チャート

うずうずしながらチャートを眺める毎日。2020年IPO29銘柄の現在値と日足チャートをまとめてみました。

コーユーレンティア

コーユーレンティア

公募 1,890円

初値 2,510円

現在 829円

ジモティ

ジモティー

公募 1,000円

初値 2,300円

現在 1,348円

JIF

ジャパンインフラ

公募 95,000円

初値 101,000円

現在 93,000円

AHCグループ

AHCグループ

公募 2,200円

初値 3,550円

現在 1,458円

カーブス

カーブスHD

公募 750円

初値 670円

現在 482円

キッズスマイルHD

キッズスマイルHD

公募 2,260円

初値 2,732円

現在 1,739円

私も当選したAHCグループまでは順調なIPOが続いていました。カーブスが初値割れしましたが、ジムだったので「これは致し方なし」だったのですが…。

きずなHD

きずなHD

公募 2,320円

初値 2,220円

現在 1,931円

ウイルテック

ウィルテック

公募 1,200円

初値 1,200円

現在 748円

フォーラムエンジニアリング

フォーラムエンジニアリング

公募 1,310円

初値 1,030円

現在 754円

踏ん張っていたIPOも、3月9日上場のフォーラムエンジニアリングでバックリ公募割れして以降、IPO冬の時代に突入しましたね…。

ビザスク

ビザスク

公募 1,500円

初値 1,310円

現在 1,284円

コンピューターマネジメント

コンピューターM

公募 2,750円

初値 4,360円

現在 2,865円

フォースタートアップス

フォースタートアップス

公募 1,770円

初値 1,628円

現在 1,798円

 

木村

木村工機

公募 2,400円

初値 2,050円

現在 2,456円

リグア

リグア

公募 1,950円

初値 1,910円

現在 1,078円

ミクリード

ミクリード

公募 890円

初値 818円

現在 576円

ミアヘルサ

ミアヘルサ

公募 2,330円

初値 1,748円

現在 1,173円

LPF

リビングプラットフォーム

公募 3,900円

初値 3,350円

現在 2,062円

ドラフト

ドラフト

公募 1,580円

初値 1,221円

現在 989円

ゼネティック

ゼネティック

公募 1,700円

初値 1,620円

現在 1,350円

関通

関通

公募 490円

初値 1032円

現在 1,720円

日本インシュレーション

日本インシュレーション

公募 940円

初値 869円

現在 750円

関通まで怒涛の公募割れ。関通は公募比210%、現在値351%。「小型IPOならセカンダリーでいけるやん!」と思ったのですがそんなに甘くはなく…。

リバーHD

リバーHD

公募 960円

初値 720円

現在 639円

ヴィス

ヴィス

公募 820円

初値 754円

現在 640円

アディッシュ

アディッシュ

公募 1,230円

初値 2,101円

現在 1,795円

サイバーセキュリティクラウド

サイバーセキュリティ

公募 4,500円

初値 9,210円

現在 15,810円

ネクストーン

NexTone

公募 1,700円

初値 1,660円

現在 4,745円

ニッソウ

ニッソウ

公募 3,750円

初値 2,800円

現在 2,706円

Macbee

MacbeePlanet

公募 1,830円

初値 2,348円

現在 2,038円

松屋

松屋R&D

公募 910円

初値 838円

現在 1,340円

悩む男性

厳しい状況が続いたIPO。

ただ、IPOを「初値≧公募価格」だけで言うと悲惨であることは間違いないのですが4月6日の週は直近IPOがただ右肩下がりではなくきっちり反発したことに喜びを感じる週でもありました。

3月下旬の日経16,552円(3月19日)→19,546円(3月25日)のリバウンド時には資金が流入せず反応の乏しかった直近IPOも、4月6日の週はしっかり反発しました。

スポンサーリンク

投資初心者には難しい…。

2018年から仮想通貨を入り口に株取引を始め、不動産現物以外は投資歴1年半の初心者の私。

「初心者にもおすすめのローリスク投資」という言葉を信じIPOを始めた「愛好家」の域を出ていません。

IPO以外にも現物不動産、積立NISA、iDeco、そしていくばくかの株(現物のみ)を所有していましたが、新型コロナの大暴落に精神的に耐え切れず、株は2月末に8割方現金化(損切り)してしまいました(さすがに投資信託は売却せず自動積立)。

高いところで買い、安いところで売ってしまいました。

そうすると資金が無駄に残ります。(資金といっても十数年かけて給与を貯蓄した少額の貯えです)。

さらにIPO中止の嵐。余計に資金だけが残ります。

しかしサイバーセキュリティクラウドやNexToneに資金を投入できる勇気&見識も無く高騰を見過ごし、リバウンドしている直近IPOも指をくわえて見守っている日々が続いています。

3月下旬に買えなかった以上、新型コロナ禍による経済停滞の影響はこれからより現出してくるハズで、今勢いだけで買ってまた高値掴みにはなりたくない…。

無駄に資金が遊んでいて投資機会を逃している「焦り」と「買いたい」という欲望との葛藤の日々ですね。

初心者の私が今、買いで入っても売りで入っても、高確率で損をする予感があります。

本業に力を入れようにも顧客の要望による訪問以外の活動は自粛が求められている状況ですので、投資初心者はGWが過ぎるあたりまではもう自動積立以外は投資をせずに読書や勉強でもするのが一番な気もします。

スポンサーリンク

さくらさくプラス(7097)には全力申込み

矛盾しますが。

仮条件が想定価格を壮絶に下回り、大和証券も幹事を降りるという非常事態ですが、さくらさくプラス(7097)には全力申込み済です。

主幹事が当選後の購入辞退にペナルティがあるSMBC日興証券ですし、当選したら購入します(1か月IPO無いですがオカルトで辞退したくない)。

また中止になるような気もしますが…。

感染拡大を身を挺して防いでくださっている医療従事者の方々に深く感謝申し上げるとともに、新型コロナの一日も早い収束を祈念致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日常のお買い物やサービス利用でポイントサイトを活用しコツコツ還元を受け節約し、もらったポイントで投資!
私が長年愛用のおすすめポイントサイト
 【ポイントインカム】 ポイントサイトのポイントインカム
【ハピタス】 その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
 【ライフメディア】 ライフメディアへ無料登録
【すぐたま】 すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!
IPO 2020年IPO結果
はないっくんをフォローする
サラリーマンがお小遣い稼ぎをやってみる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました